読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本木雅弘 ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行のCMに「新キャラ」ゆうちゃんが登場した。

登場編のわずか15秒のCMでは、どういうキャラなのかよくわからないのだが、「娘の結婚相手」編、「父の単身赴任」編 、「母からの電話」編といったシリーズものを見ていくうちに、だんだんわかってくるという設定になっているようだ。

本木雅弘も既に50歳。いまだに本木ではなく「もっくん」と呼んでしまうけれども、今の若い世代の人たちには通じないのかもしれない。

山本千尋 ジャパンネット銀行

このタレントさんは初めて見た。美人すぎる太極拳の選手、山本千尋さん(19)だそうだ。

 

ジャパンネット銀行は実店舗をもたないネット専業銀行の先駆けで、2000年の開業当時は画期的なインターネットバンキングサービスと手数料の安さで注目された。最近は後発の競合他社に押されてすっかり影が薄くなってしまったが、かつてはほぼ横並びだった銀行業界に競争を促し、利用者に多大な恩恵をもたらした功績は大いに評価したい。

岸本セシル 沖縄海邦銀行

岸本セシル沖縄県沖縄市出身のモデル。

普通にモデル歩きをしているだけなのに、とても見目麗しく輝いていて存在感抜群なのはさすがだ。

沖縄海邦銀行沖縄県で営業している第二地方銀行。通称は「海銀」って、場所が沖縄であることを表す文字がどこにもないので、内地の人には認識不可能であろう。東証二部への株式上場を目指しているものの、現時点では非上場。

宮古島石垣島にも支店があり、沖縄県民には利便性の高い銀行の一つだ。

田中理恵  紀陽銀行

2012年のロンドンオリンピックにも出場した元体操選手。

母親も元体操選手、兄と弟も体操選手という体操一家で育った。

現役通算の獲得メダル数は銀メダル3個、銅メダル1個で、2013年に26歳で現役引退。現在は日本体育大学助教を務める。

和歌山県出身であることから、地元の紀陽銀行のイメージキャラクターに起用されている。和歌山県以外では大阪府奈良県の一部にしか支店がない地方銀行で、県外の人が使う機会はなさそうだ。

 

岡野雅行 山陰合同銀行

「野人」のニックネームで知られるサッカー元日本代表フォワードの岡野雅行氏。

浦和レッズでデビューし、ヴィッセル神戸、香港のチーム、ガイナーレ鳥取などで合計19年間プレーした。41歳での引退はサッカー選手としてはかなり遅い方だが、最後の4年間でのゴール数は0。

現在はガイナーレ鳥取のゼネラル・マネージャー。

 

山陰合同銀行島根県鳥取県を中心に営業している地方銀行

まったく馴染みがない名前の銀行だけれど、関西地方にも支店がいくつかあるようだ。

NGT48 第四銀行

NGT48は2015年に新潟市で結成されたアイドルグループ。AKB48の姉妹グループとしては現時点で最も新しい。

メンバー数は26人いるが、知っているのは柏木由紀北原里英しかいない。このCMに登場する4人は顔も名前もさっぱりわからない。

 

新潟県地方銀行である第四銀行も、県外の人間にとってはほとんど馴染みがない。調べたところ、明治5年に国立銀行として設立された当時の商号をそのまま受け継ぐ最古の銀行とのこと。豆知識が一つ増えた。

広告を非表示にする

山崎紘菜 三井住友銀行

 

1分30秒の長編CM。

アスリートの動きと働く一般人の動きを重ねあわせる演出など、たいへん凝った作りになっている。

山崎紘菜が出てくるカットはさほど多くはないものの、彼女も元アスリートで171cmの長身ということもあり、なかなかの存在感を発揮している。このCMのイメージにぴったりフィットしている。

三井住友銀行東京オリンピックのスポンサーであることをアピールするだけの内容だが、一度見れば印象に残る良いCMに仕上がっていると思う。