HKT48 西日本シティ銀行

 

HKT48の運上弘菜、松岡菜摘松岡はなの3名を起用したCM。宣伝している銀行アプリもありふれたもので、特に印象に残る内容ではないものの、HKTヲタにとっては堪らないだろう。

今までに乃木坂46、NGT48,SKE48のメンバーを起用した銀行CMは見たことがあるが、HKT48は初めて見た気がする。正直、HKTのメンバーのことはほとんど知らないのだが、この機会に少し調べてみたところ、やはり福岡県出身者が圧倒的多数を占めていた。

 

 

菊池桃子 東海銀行

1994年のCM。見た記憶がない。菊池桃子は当時26歳。

東海銀行は1941年から2002年まで存在した都市銀行。本店は愛知県名古屋市。2002年に三和銀行との合併でUFJ銀行となったが、わずか4年後には東京三菱銀行に吸収合併されて三菱東京UFJ銀行(現在の三菱UFJ銀行)となる。UFJ銀行時代には派閥争いや金融庁特別検査による経営陣退陣など、ドラマ「半沢直樹」で描かれていたような世界が実在したと知って驚いた。

池間夏海 沖縄海邦銀行

沖縄県那覇市に本店を置く第二地方銀行沖縄海邦銀行の最新CM。沖縄県内にしか店舗がなく、沖縄県民以外には全く馴染みのない銀行であろう。

池間夏海は沖縄県豊見城市出身の女優、モデル。現在18歳だが沖縄ローカルでは5歳のころから子役、モデルとして活動していたようだ。女優デビューは2009年に琉球放送で放送された特撮ドラマ「琉神マブヤー外伝 SO!ウチナー」。ヒロインゆいの幼少期を演じた。

 

 

小泉今日子 第一勧業銀行

1996年のCM。

小泉今日子は当時30歳。歌手としての人気には陰りが見えてきた頃か。

第一勧業銀行は2002年まで存在した都市銀行で、現在のみずほ銀行にあたる。このCMで宣伝されている「スーパーMMC」とは、ネット検索したところ「市場金利連動型預金」とのことで、現在の「スーパー定期」の前身にあたるようだ。当時は金利もそこそこ良かったはず。現在のような超低金利の時代から振り返ると、古き良き時代だったのかもしれない。

 

 

鷲尾いさ子 埼玉銀行

 

合併して協和埼玉銀行になることを知らせていることから、1990年のCMと思われる。まさにバブル崩壊が始まった年にあたる。その協和埼玉銀行あさひ銀行に改名したのち、2002年には大和銀行と合併して現在のりそな銀行となった。

 

鷲尾いさ子は当時22歳。5年後の1995年には俳優の仲村トオルと結婚。現在は2児の母だが、2013年に重病を患っていることが報道された。長女のミオは昨年モデルとして芸能界デビューを果たした。

今泉佑唯 auじぶん銀行

 

2020年7月にauじぶん銀行の初代イメージキャラクターに就任した今泉佑唯は、元欅坂46のメンバー。彼女にとって初のCM出演となる記念すべきCMである。欅坂46卒業後は女優、モデルとして活躍している。2020年8月12日、 新型コロナウイルスに感染したことが報道され話題になったものの、自宅療養を経て9月1日から活動再開されることが発表された。

 

 

 

 

三浦春馬 三菱東京UFJ銀行

 

「大人になったので」というセリフから三浦春馬は当時20歳。2010年のCMと思われる。さすがに若く、未来のある好青年役がピタリとはまっている。この後わずか10年でこの世を去ってしまうとは、このとき誰が想像できただろうか。残念でならない。

 

ウィキペディアによると、東京三菱UFJ銀行のCMには2009年から2015年まで6年間出演しているらしい。探せばまだまだあるかもしれない。